HTMLの種類

HTMLには以下の3種類あります。

Strict
正式なHTMLであり、文法を違反したタグを使うことはできない規格。
Transitional
文法を違反したタグも使うことが許された規格。一部、HTMLの解釈がおかしくなる。
Frameset
ページを分割して表示するフレームを使うための規格。

このサイトでは一番上のStrictを扱います。

HTML文書の一番初めに書くもの

HTML文書の文頭には、上の3種類のうちのどの規格を使うのかを表す文書型宣言をしなければなりません。以下に3つの文書型宣言を示します。

TYPEDOCTYPE宣言
Strict<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
Transitional<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
Frameset<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">